奈良県にある医学部専門の予備校に通って受験勉強をしたことについて

医学部専門の予備校を見つけることが出来た

丁度私の通っていた高校の最寄り駅に大きな予備校があったのでそこに通うことにしたのですが、その予備校の授業は理系や文系の学部に入る人向けだったのでこのままでは不味いと感じました。
そこでインターネット等を使って調べたところ医学部専門の予備校を見つけることが出来たので、そこに行って体験授業を受けてみることにしました。
予備校と言えば沢山の生徒が集まって大教室で講義を行うと言う形が一般的ですが、私が行ったその予備校では少人数で授業を行っていたのでとても驚きました。
さらに驚いたことに授業中に分からないことがあったら気軽に講師に質問することが出来ると言うことで、これならば授業に付いていけなくなることはないと感じました。
そこで私はその医学部専門の予備校に通うことにしたのですが、そこでは私のために独自のカリキュラムを作成してくれてそれに沿って勉強することになりました。
そのおかげで助かったことが沢山あったのですが、ただそのカリキュラム通りに勉強をするのはとても大変で初めはかなりきつかったです。
それでも頑張ることが出来たのは絶対に将来医師になると言う強い気持ちがあったからで、それによってきつい受験勉強も何とか乗り切ることが出来ました。
私が通っていた予備校で一番辛かったことは夏合宿で、学校が夏休みの間3週間ほど泊りがけで山奥にあるホテルで集中的に勉強をしたことです。
この夏合宿では朝から晩まで勉強をしたので疲れ果ててしまったのですが、そのおかげで夏休みが終わって直ぐの模擬試験で好成績を収めることが出来ました。
私が医学部専門の予備校で学んで良かったことは成績が上がったことはもちろんなのですが、それよりも勉強量を沢山熟したことによって自信が付いたことにあります。
そのおかげで試験当日も全く緊張することなく試験に臨めて合格することが出来たので、私は医学部専門の予備校に通って本当に良かったと思っています。

一人で黙々と家に籠って勉強していては成績はなかなか上がらない | 医学部専門の予備校を見つけることが出来た